チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< モン族の少女 | 最新 | マイヤンヤーの虫 >>

おばあちゃんシャツ

カテゴリー: みちくさ写真 | 2007.05.21 Monday

 

みちくさ30号 おばあちゃんシャツ


 市場でかわいいシャツをみつけた。ベージュに緑と茶色の小花のプリント、袖・襟ぐりに小さなレースがあしらってある。生地は汗を吸わなさそうな化繊。形はぼかっとしたノースリーブ。一目でそれが何であるかは分かったけれど、衝動的に欲しくなった。おばあちゃんシャツ。それはタイのおばあちゃんのトレードマークである。
 近所でもパーシンに例のシャツ、結わえた髪に花をちょんと挿して歩いているおばあちゃんを見かける。風通しがよさそうで、暑い日は特にうらやましいが、中が見えないのか、とか、透けないだろうか、とか心配しだすと、やっぱり着られない。
 それは日本の割烹着に似ているだろうか?
 子どもの頃、割烹着を着た祖母に抱きつくと、目線の高さにちょうどポケットがあり、その中に手を突っ込むと黒飴やミルキーが入っている。糖尿だった祖母は自分では食べないが、私達を喜ばすためにいつもしのばせておいてくれたのである。
 タイに来る時、私は祖母の割烹着を一着、持ってきた。形見となったそれを本当は自分で着るつもりであったのだけれど、似合わない。着こなすにはまだまだ年月が足りないようである。
 きっとこちらのおばあちゃんシャツも、まだまだ着るには早すぎるのに違いない。

バンコク

(One-Two Chiangmai 30号掲載)

みちくさ写真 タイトル一覧へ

 

みちくさ写真 | Top