チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< たね | 最新 | パートゥンの浮き袋 >>

べスパ

カテゴリー: みちくさ写真 | 2007.05.21 Monday

 

みちくさ42号 ベスパ


 ホンダのドリームに跨っている、というのが街で見かけるチェンマイっ子の一般的的な姿だろう。ところがチェンマイ市内ののとある私立高校の駐輪場は少し風景が違っていた。生徒たちが乗ってくる黒っぽい90ccのバイクの中に、ピンク、シャーッベット・グリーン、オレンジ…きらめくべスパの一群が!! 学生の一人が私に見せてくれたのは日本のべスパ情報誌だった。べスパ=かっこいい、というファッション感覚が、チェンマイの若者(ミーハーなお坊ちゃまに限ってだが)の間の常識になっているようなのである。
 一方で、チェンマイには愛すべき「おっさんべスパ」が存在する。別におっさんが好きな訳でもないし、べスパとホンダ・ドリームとどちらかもらえるとなれば、迷うことなく後者を選ぶ私だけれど、おんぼろべスパからにじみ出る味だろうか。あのやたらとうるさいエンジン音や、鈍く光るだけのさえない色も、今はおっさんだが、かつて若かりし頃から辛苦を共にしてきた人生の色というか、渋さがたまらないのである。かりにどんなスーパースターが乗ってみたところで、オーナーであるおっさんほどに涼しい風を切ることはできないだろう。
 それに、製造中止で部品がなくっても、あるものをあてがいあてがい修理して乗り続けてきた「一生もの」の精神もとても素敵だ。おそらく「おじいさん、危ないからもう乗らないで」と家族に取り上げられる日まで、ブロンブロンと乗り続けることは間違いない。お孫さんもそんなおじいちゃんと一緒にべスパに乗って出かけたことはずっと忘れないにちがいない。べスパ・ブームを起こしているちょとおばかな坊ちゃん達も、本当にかっこいいべスパになるまで乗り続けて欲しいんだけど。

チェンマイ

(42号掲載)

みちくさ写真 タイトル一覧へ

 

みちくさ写真 | Top