チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< Green Lake Resort (グリーン・レイク・リゾート) | 最新 | Baan Kafei (バーン・カフェー) >>

ラーン・カオトム・ペットーン

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.05.23 Wednesday

 

95号 お店ラーンカオトムペットーン ナイトバザール近く、ガンペーンペット通りには、カオトム屋台が軒を連ねているエリアがある。夕方から夜中までの営業の店が多く、12時を回った真夜中でも、一杯飲んだ後のお客さん達で夜な夜な賑わっている。今回は、その中でもちょっと変わったカオトム(お粥)を出している店「カオトム・ペットーン」をご紹介したい。
 ここのお粥は、とろみがあり、ほんのり黄色がかった色付きのお粥だ。色の秘密は、お粥を煮るときに、バイトゥーイの葉を一緒に入れて煮ているから。タイのお菓子の香りつけなどによく使われるバイトゥーイだが、お粥に入れることで、タイ米の独特な香りが消え、ほんのり甘い香りがする。このバイトゥーイ粥は、どこのお粥を真似したのものでもなく、店主のオームさんのお母さんが考え出したオリジナルのお粥だそうだ。
95号お店ラーンカオトムペットーンa ここでは、香りのいいお粥と一緒にいただくおかずも数多く用意している。豚の耳や舌などの部位や豆腐などを4時間以上も煮込んだムー・パーローは、お勧めの一品。また、大きな蒸し器にはあっさりとした味付けのスープやタイ風茶碗蒸し(カイ・トゥン)が並び、湯気を出している。ほうれん草や白菜の炒め物なども醤油を使った優しい味付け。店の横には子供が遊べるように遊具も並んでいる。
 1人で一杯飲みに来るおじさんから、若いカップル、家族連れまでと、幅広い客層に支持されている。価格設定もかなり庶民的で、値段を気にせずに、たくさんのおかずと一緒にお粥をいただくことができる。(N)
【メニュー】
   
ヤム・マクルア              30B
ムー・パーロー・ルアム(盛合せ)     30B
スープ・ドックマーイ・ジーン       20B
プラー・タプティム・トート・グラティアム 60B
パット・ポーイレーン(ほうれん草炒め)  20B
カオトム(お粥)             1B

駐車場・UBC放送あり
地図:本誌E−5   
電話:08‐9175‐0369
営業時間:17:00〜3:00(午前)(定休日なし)

95号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ

 

気になるお店(旧) | Top