チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< パー・ガイ | 最新 | WEAVES >>

Vieng Joom On (ヴィアン・ジュム・オン)

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.05.23 Wednesday

 

91号 お店 ヴィアンジュムオン ちゃ〜お86号でも取り上げたように、チェンマイは、最近カフェーブームであるようだが、主に紅茶とサンドイッチやケーキがセットになった、「ハイ・ティー」を楽しむとなると、なかなか適当な店が見当たらない。そのなかで今年1月12日にオープンしたばかりのこの店は、それを楽しむのには絶好のところだ。
「リバー・サイド」や「グッド・ビュー」などが並ぶピン川沿いの飲食店界隈から少しリンピン・コンドミニアム方面に向かうと、同じ並びにピンク色の店が見えてくる。
 チェンマイで生まれ育ち、眼科医であったオーナーがこの店を構えようと思ったのが2年前。中華系の家系で、茶に触れることが多かったことから、いつかは「ティー・ハウス」を持つことが夢であったそうだ。その夢をかなえるため、医師を辞めてから方々を旅して茶の研究をして開店までこぎつけた。一番気に入ったインドの街が「ピンクの街」というところだったことから、北タイ語で店を命名したとのこと。その研究成果は、店内入り口に並べてある50種類以上もの茶缶を見ると納得できる。
91号 お店 ヴィアンジュムオン この店では、当然ながら茶を飲んで楽しむことも出来るが、茶の葉のブレンド販売もしている。オーナーお薦めの「Love Tea」という種類のものは、100gで350B。紅茶などは、100Bから。「ハイ・ティー」の食べ物の組み合わせにおいて、チーズのように見えるカスタードのサンドイッチはパンとうまく合っていて、ダージリン紅茶を引き立てていた。高級志向の「アフタヌーン・ティ」と違う歴史を持つ「ハイ・ティー」らしく、それほど気取ることなく入れるところもありがたい。(T)
【メニュー】
紅茶など各種 100〜130B
ハイ・ティー 1人だと300B 2名だと1人あたり550B (紅茶とセット)
デザート各種 120〜150B

(地図:本誌G−4)
【時間】9:00〜21:00 定休日:なし
【電話】0-5330-3113

91号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ

 

気になるお店(旧) | Top