チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ロット・ヌン | 最新 | CHILLIS >>

ナムトーフー・ユンナン

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.05.23 Wednesday

 

88号<br />
お店 ナムトーフー チェンマイ市内でも豆乳とパトンコーと呼ばれる揚げパンを売る店は数あるが、ここ「ナムトーフ・ユンナン」はちょっと個性的だ。ここの豆乳はシロップの代わりに天然の蜂蜜を使っている。また、カリカリのパトンコーは特大サイズ。
 店主は幼い頃におじいさんから「砂糖も出回っていなかった昔に中国の雲南省には蜂蜜が入った豆乳を飲んでいる村があり、その村の人々は長寿で有名だ」という話を聞いたことがあった。また、ドイ・プイで花農家を営んでいた店主は、2人の子を持つ父親として、子供にでも食べられて、体にいい食べ物を提供したいと考えていた。そして、試行錯誤の末、夢の雲南風ナムトーフ(豆乳)を作ることに成功した。こってりとした喉越しのナムトーフ・ユンナン。
88号 お店 ナムトーフー おいしさの秘密は水にある。大豆60%水40%の濃厚豆乳に使う水はドイ・プイの源流から汲み上げたきれいでおいしい水。ナムトーフ・ソンクルアンに入れる寒天やとうもろこしも店主の奥さんのお手製。一方、中国人から習ったパトンコーは低温でじっくりと揚げ、しっかりと油が切れるまで、お客さんには出さない。粉や水の分量は季節、気温に応じて変えている。特注の鍋はあえて銀色。市販の黒い鍋だと、油の汚れやコゲが見つけにくいからだそうだ。いつでもきれいな油で揚げるための工夫だという。
 チェンマイ郊外のサンカンぺーン、ハンドンそして、ランプーンから、わざわざ買いに来るお客さんも珍しくない。市内の大型電気店のオーナーもここの大ファン。一度に100個のパトンコーをお買い上げになるとか。(N)
メニュー    
ナムトーフー(豆乳)      5B
ナムトーフー・ソンクルアン   10B
ノムソット(ミルク)      5B
パトンコー(揚げパン)  1個 2B
主にテイクアウトのみだが、屋台の横のテーブルで飲むこともできる。

地図:本誌D−7   
「Chiangmai−Lampun Road」沿い、ノンホイ交差点をランプーン方向へ行き、ガソリンスタンド「CALTEX」の先(左側)

営業時間
17:00〜売り切れまで(定休日:土曜日)

88号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ

 

気になるお店(旧) | Top