チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ナムトーフー・ユンナン | 最新 | Alleluia (はれるや) >>

CHILLIS

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.05.23 Wednesday

 

87号 お店 CHILIS
 チェンマイのホテルの魅力のひとつにビュッフェスタイルの食事が挙げられる。いわゆる、バイキング方式で好きなおかずを皿に盛っていくのは楽しいし、みっともないかもしれないが、何度もお代わりが出来るのも魅力だ。ターペー門近くにそびえ立つ、Amora Tapae Hotel Chiangmaiの中にあるレストランのビュッフェは、食欲旺盛な人たちも満足させてくれるところだ。昔Rydges Hotelと呼ばれていた頃から、頻繁に所用で通りがかっていたが、あまり利用したことがなかった。


87号 お店CHILIS
 入口からロビーを通り抜けたところにレストラン「CHILLIS」がある。昼食のビュッフェは200B(税・サービス別)で洋・タイ料理が用意されている。一応、日本食もあるが、訪れた日は寿司や天ぷらなどとは違い、かまぼこのようなものを海苔で巻いたものが置いてあった。洋食で目を引いたのは羊の肉のローストで、少し固めではあったがソースはなかなかいい味を出していた。タイ料理では、一般的なカレー(ゲーンキヨウ・ワーン)が用意されており、それほど辛くもなく食べやすかった。また、カオソイや麺類も用意されていた。デザートがここのビュッフェの自慢で、確かにケーキはよくありがちなくどい甘さのものではなかった。昼食もあるが、朝食も300B(税・サービス別)で用意されている。立地が良いためか、西洋人が多く訪れている。 
 営業担当者の話によると、「日替わりで出すメニュー、特に魚料理がお薦め」とのこと。毎日とはいかなくても時折訪れて、違うメニューを味わいたい場所である。(T)
昼食ビュッフェ:200B(税・サービス別)
Amora Tapae Hotel Chiangmai 0-5325-1531

地図:本誌F−4

87号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ

 

気になるお店(旧) | Top