チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< カーオトム・シーラーチャー | 最新 | だから花博には行かない >>

City Shark Fin

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.06.19 Tuesday

 

99号シティ・シャーク・フィン1 中華系の影響が強いチェンマイにおいて気軽に入れる中華料理屋が比較的少なかった感があったが、マニナラコン・ホテルのわきにある『City Shark Fin』は、フカヒレなど高級感のある中華を気軽に楽しめる店である。
 20年近くチャンタブリーで同じく中華料理店を営んでいたワンチャイさんが、チェンマイに家族で移住したのは、去年のことだった。チャンタブリーはシーフードでも有名な地域ではあるが、宝石商の街としても有名。ワンチャイさんも北部タイに宝石の仕入れをしに何度か訪れるうちにチェンマイが気に入り、チャンタブリーの生活に先が見えて来たこともあって移住を決意したそうだ。チェンマイの店も以前同様、奥さんが料理の腕を振るい、ご自身が運営している。
99号シティ・シャーク・フィン2
 店の名前から判るように、この店の一番のお薦めは、フカヒレ・スープだ。個人的な意見を言えば、フカヒレの極意は「スープの蟹の身の味をいかに自然に引き出すか」にあるが、その点でこの店のスープは見事だ。素材は、わざわざバンコクから特別なルートで仕入れているとのこと。その他、鴨肉や、チェスナッツと銀杏の炒めものや春雨の海老蒸しなど中華では定番のものもこってりしてなくていい。今回は賞味できなかったが、羊の肉の料理も店の売り物らしい。
 メニューは写真つきでタイ語が中心だが、英語や中国語のものも用意されている。中華料理は大勢で行って円卓を囲むものなので、注文が面倒ならセットメニューの7番がお薦め。フカヒレを含む定番の料理が出てくる。5名くらいで行って飲み物は別にすると400Bくらいでフカヒレや中華が楽しめる。これも、チェンマイならではだろう。  (J)
値段:フカヒレスープ 300B〜、チェスナッツと銀杏の炒め300B〜、
海老の春雨蒸し300B〜 セット料金、2350B〜

(地図E−5)
【時間】11:00-14:00
17:00-22:00 
【電話】0-5320-6585


99号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ


 

気になるお店(旧) | Top