チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< メコンのほとりで 裏面史に生きた人々 | 最新 | 日本 クロスカルチャー タイ >>

間違いだらけのタイ語

カテゴリー: ちょっとディープな本紹介 | 2007.06.20 Wednesday

 

間違いだらけのタイ語
めこん
中島 マリン(著)吉川 由佳(著)赤木 攻(著)
発売日:2004-06
おすすめ度:5.0

80号本紹介間違いだらけのタイ語
 タイ語の発音は難しいが、文法は簡単だ。「私・行く・駅」と並べれば通じてしまう。タイに数年住むと、そこそこタイ語が通じるようになり、自分はタイ語がかなりできるのではないか?という気になってくる。しかし、それと同時に、通じているけど、自分のタイ語は「私は食べたい、これ」と変なタイ語になっているのではないか?という不安も出てくる。
 この本は、そんな日本人が間違いやすいタイ語を、タイ語講師、かつ国際会議や官公庁などの通訳をして活躍している著者が1つ1つ丁寧に説明してくれる。「彼はタイ人です」「彼がタイ人です」の違いを第一章から発見し、進んでいくにつれ自分の間違いだらけのタイ語に気付かされ、目からウロコが落ち続けるだろう。タイ語をさらにブラッシュアップしたい人には必見の1冊だ。 【編集部B】


(80号掲載)

ちょっとディープな本紹介 タイトル一覧へ

 

ちょっとディープな本紹介 | Top