チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 瀬戸正夫の人生 (上・下) | 最新 | ビジネス指さし会話帳 タイ語 >>

すぐにはなせるチェンマイ語会話

カテゴリー: ちょっとディープな本紹介 | 2007.06.20 Wednesday

 

73号本紹介すぐにはなせるチェンマイ語
著者:小此木國満(おこのぎくにみつ)
発行:ジェーシーシー出版     
値段:500B

 タイ語を勉強したはずなのに、なぜかチェンマイでは理解しにくい。そんな思いをした人もいるのではないだろうか。それもそのはず、北タイでは「カム・ムアン」という言葉が話されているからだ。
「すみません」が「スゥーマートァ」、「何?」が「アニャング?」、「20B」が「サーオ・バート」などと、標準語と全く違うので、理解できないのも仕方がない。
 そんな問題を解決してくれるのがこの1冊。レストランでの注文の仕方、挨拶などの基本会話と、病院や銀行などで使える応用会話、単語集が入っている。
 たくさんは話せなくても、チェンマイ語で会話をすれば、チェンマイ人に喜ばれること間違いない。 【編集部B】


(73号掲載)

ちょっとディープな本紹介 タイトル一覧へ

 

ちょっとディープな本紹介 | Top