チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< チェンマイ・ロングステイにブレーキ | 最新 | ラフ・ニ族の農耕儀礼 >>

たっぷりチェンマイ!

カテゴリー: ちょっとディープな本紹介 | 2007.07.21 Saturday

 

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
情報センター出版局
岡本 麻里(著)古川 節子(著)
発売日:2007-07


『タイの屋台図鑑』の岡本麻里と、同じくチェンマイをベースに写真・コラムを発表している古川節子が送り出す究極の「チェンマイ本」。
 紹介する「料理」はもちろん北部料理。「お寺」は紹介するだけでなくその建築や仏教美術のお話まで。ラーンナー(北タイ)の「オシャレ」も興味深い。チェンマイの「雑貨」は市場にあるモノから高級品まで幅広く網羅。そして「食」は屋台からレストランまでタイ料理、北部料理、多国籍料理などを詳しく取材している。二人による写真がまた素晴らしく、見ているだけで「このページのここへ行きたい!」という気持ちになってくるほどだ。
 この本が他と違うのは、ただのチェンマイガイドブックではなく「チェンマイのライフスタイル」をしっかりと紹介していること。「暮らし」というものはその土地の言葉を十分に理解し、人々と深く付き合うことで初めて知ることができるのだ。
 岡本麻里と古川節子、二人は既に日本人の顔と名前を持つディープなチェンマイ人なのかもしれない。 【編集部K】

          

(103号掲載)

ちょっとディープな本紹介 タイトル一覧へ

 

ちょっとディープな本紹介 | Top