チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ジョーク・ソムペット | 最新 | DinDee >>

チュアンチン

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.07.21 Saturday

 

気になるお店101号-1a
 作り置きのおかずを選んでご飯に載せてもらうカーオ・ラート・ゲーン(いわゆるブッカケ飯)の店は、ただ安く飯が食えるだけのところが多い。それだけに、味にこだわったターニン市場近くのこのお店は貴重で、毎日でも足を運びたくなる。
 ここのご主人プラスートさんは長年10輪トラックの運転手をしていたが、50歳を過ぎてから体力的限界を感じて転職を決意、18年前にこの食堂を開いた。運転手時代はタイ全国どこにおいしい店があるかすべて頭の中に入っていてその味を覚えていたから、味覚には十分自信があったという。「運ちゃんは旨いものをよく知っている」というのは万国共通らしい。
 開店2時間前の真夜中の3時からおかずを作り始めて、なくなったら次々に補充し続けていく。その数30〜35種類。売れ行きがいいので、常に作りたてに近い状態だ。カレー類、チャップチャイ(中華風煮込み)、カームー(豚足)もほぼ毎日用意されている。嬉しいのは、日替わりのトムチュート(ニガウリ、ノリ、漬物の菜っ葉などが入った辛くない透明スープ)が2種類あること。おかずは一般的タイ料理だが、ご主人も奥さんも中国系なので、味付けは極端に辛くなく日本人好みだ。気になるお店101号-1b
 こだわりはご飯にも見られて、使用している米はカーオ・ホーム・マリ(ジャスミン米)のなかでも特においしいことで有名なサンパートーン産。8リットル炊きの大きなガス釜で6回分炊くというから、1日の米の使用量も大変なものだ。ご飯がおいしいから、余計におかずの味も生きてくる。
 早朝の5時から店を開けるので、朝食にきっちりご飯を食べたいときにも便利。ゴルフ・コースに行く前に立ち寄る常連さんも多いとか。(B)
【メニュー】
カーオ・ラート・ゲーン(2種類) 25〜40B
カーオ・ラート・ゲーン(1種類) 20〜30B
おかず各種            20〜40B
トムチュート           20〜30B
(地図 G−2)
【時間】5:00〜15:00
【休み】月末の2日
【電話】0-5322-2729
101号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ



 

気になるお店(旧) | Top