チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ルンジョン・ワットゲート | 最新 | ヨック >>

クウェティオ・チャーム・トー

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.08.05 Sunday

 

気になるお店102号▲ウェティオ・チャーム・トーa
 クウェティオは味にしても入れる具にしても、どこで食べても似たりよったりのワンパターン・・・・・・とお嘆きの方にユニークなお店をご紹介しよう。スーパーハイウェイからメージョー方面に向かい、ルアムチョーク(ミーチョーク)市場の交差点を右折、内側環状線をパヤップ大学方向に1kmほど進んだ右側にある『クウェティオ・チャーム・トー』がそのお店。その名の通り、入り口にある赤い「大きいどんぶり」が目印だ。
 ここのクウェティオのラインアップは、ワンパターンどころか、タイ各地のいろいろなクウェティオが揃っていて、まさに選り取り見取り。つまり、スコータイ、アユタヤー、カンペーンペット、シーラーチャー、シンブリーで評判の味覚が楽しめる。おまけにベトナム風(麺そのものはタイ)まである。日本ならこの手の店があっても別に不思議じゃないが、このチェンマイで居ながらにして「クウェティオお国めぐり」ができてしまうとは嬉しい驚きだ。スコータイ出身のオーナー=プラソップさんのアイデアに拍手! 

気になるお店102号▲ウェティオ・チャーム・トーb
 人気のスコータイ風は、ココナッツ・ジュースを混ぜたスープでじっくり煮込んだスペアリブの肉などが入っている。それもただのスコータイ風ではなく、「シーサムローン郡の昔風の味」とこだわりをみせる。春巻き風のクウェティオ・ルイスアンには、アユタヤー風のタレ(ナムチム・シーフード)が付いてくる。他にプラー・チョーン(雷魚)の切り身やニガウリが具に入った珍しいクウェティオも。1杯では済まずに、ついつい何杯も試したくなってしまう。食いしん坊にはちょっと困ったお店だ。 (B)
【メニュー】
クウェティオ・スコータイ・ボーラーン・シーサムローン 25B 
クウェティオ・ガイ・カンペーンペット         25B 
クウェティオ・シークローン・ムートゥン・ユアン    25B
クウェティオ・ガイ・マラ               25B
クウェティオ・プラーチョーン・ソット・シンブリー   25B
クウェティオ・ペット・バーンプラ・シーラーチャー   25B
クウェティオ・ルイスアン・アユタヤー         25B
ソムタム・カイケム                  25B
ムーヨー・ウィアットナーム・ルアック         40B

地図:J−3の先
営業:8:30〜16:30
休み:なし
電話:08-6911-0036
102号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ

 

気になるお店(旧) | Top