チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< タイの骨 路地裏から見えるタイの素顔 | 最新 | タイ雑貨紀行 アジアの道具、家具の魅力を探る >>

とりあえず1ヵ月海外リタイア暮らし―16万円おすすめアジア

カテゴリー: ちょっとディープな本紹介 | 2007.09.29 Saturday

 



 プロフィールによると1943年生まれの著者は旅行会社社員・高校教員を経て、出版社に入社。 55歳で早期退職後、老後に暮らす「楽園」を求めて海外を旅して、それをテーマに本を書いている。
 今年の4月に出た最新刊では、「暖かくて・安全で・物価が安くて・食べ物がおいしい」アジアのベスト3、ペナン(マレーシア)、セブ(フィリピン)、チェンマイ(タイ)を紹介している。この3ヶ所に1ヶ月ずつ滞在した体験記と宿泊、食、お金、安全などに役立つ情報がいっぱい詰まっていて、これから海外暮らしを希望している人や海外暮らし初級者には心強い1冊になるだろう。
 ひと頃、日本のテレビ番組で散々放送された「チェンマイなら10万円で豪邸に住んで贅沢三昧!」などといういいかげんな情報などと違うことは言うまでもないが、そうは言っても、情報を何でも鵜呑みにするのではなく、自らの目で確かめてみる「こころと財布のゆとり」は必要であろう。      【編集部K】


(105号掲載)

ちょっとディープな本紹介 タイトル一覧へ




 

ちょっとディープな本紹介 | Top