チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ムーイ・チアン(中華料理) | 最新 | ターロン(飲茶、フルーツシェイク) >>

トーン(タイ北部料理)

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.12.06 Thursday

 

107号お店1a

 チェンマイにいるけど、なかなか郷土料理を食べる機会がない、そもそも北部料理って何?という人に朗報。
古い家を改造したレストラン、「トーン」がニマーンヘーミン通りにオープンしたのだ。オーナーのプーさんとトーンさんのモットーは、おいしい、安い、清潔、良いサービス。その言葉に偽りはなく、7月にオープンしたばかりなのに、ここの味に惚れて通う常連客が増えている。
「ジョーパカート」(菜の花のスープ)やスパイシーな鶏肉のスープ「ヤムジン・ガイ」、筍と豚肉のスープ「ゲーン・ノーマイワーン・グラドゥックムー」など、お馴染みの北部料理もオススメだが、併せてぜひ食べたいのが、トーンのオリジナル料理。どれも独創的で、北部料理に新境地を開いたものばかりだ。
107号お店1b 
 ビールに相性が良いのが、酸味ある豚肉を卵とアレンジした「ジンソムモック・カイヤーン」とパリパリした食感が心地良い塩味の「ガイトート・ナムプラー」(手羽先揚げ)。サラダにはタマリンドの葉の酸味がきいたピリ辛「ヤム・ヨートマカーム」が爽やかでいい。一皿がっつり食べるなら、「カーオパット・ゲーンハンレー」や「カーオヤム・トーン」が一押し。前者は、ゲーンハンレー(ミャンマー風カレー)をご飯とミックスしてあり、生姜がアクセントとなった一品。後者はラープ(挽肉のスパイス炒め)とインゲン、青マンゴー、干しえびなどを混ぜ混ぜして食べる料理。ラープのスパイスやマンゴーの酸味、ナッツの香ばしさのからみ具合が絶妙。 伝統&フュージョン料理を満喫できる店だ。
                    (M)

【メニュー】
(英語メニューあり)
ジンソムモック・カイヤーン 30B
ヤム・ヨートマカーム 35B
カーオヤム・トーン 45B
カーオパット・ゲーンハンレー 40B
スープ 30B〜
ナムプリック 25B〜

住所:Soi 13 Nimmanhemin Road(地図D−2)
TEL:0-5322-2207
営業時間:11:00〜24:00(無休)
107号掲載

チェンマイ気になるお店 タイトル一覧へ



 

気になるお店(旧) | Top