チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< Spicy gril スパイシーグリル(ケーキ、洋食) | 最新 | ラートナー・ムーマック(クウェティオ、タイ料理) >>

Patara パタラ・エレファントファーム 

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.12.06 Thursday

 

109号お店2b
 市内から車で約30分のハーンドン渓谷に、1日「象使い」の体験ができる場所がある。パットさんと奥さんのダウさんが運営しているアットホームなツアーで、1日象と触れ合って楽しんでもらい、その資金で減少していくタイの象を増やしていこうとしている。
 1人に1頭の象が与えられるので、まずは餌をやって鎖をはずすところから始まる。そして、葉っぱで体のゴミをはらってやった後、耳をつかんで川に連れて行く。ブラシで体をこすり、砂で牙を磨いてやる。仕上げに水をザバザバかけてやると、象も鼻から水をシュワーッとかけてくるので、しばらく水のかけ合いを楽しもう!
この間、ずっと「本物」の象使いがついているので心強いし、パットさんが「シワの中に虫が卵を産み付けることがあるので、しっかり洗ってください」「健康状態を知りたい時は、足の先を見ましょう」などと象の性質、接し方、指示の仕方、象の歴史のもろもろをわかりやすく教えてくれる。
 それが一通り終わると、いよいよ出発! 象の首に乗って頭に手をおくと、うぶ毛がチクチクする。想像以上に背が高く、地面との距離があるのでドキリとするが、イスに乗るよりしっかりした安定感がある。
109号お店2a
 田んぼや林を1時間ほど歩いて、滝で休憩。簡単な昼食をとり、好きな人は象と水浴びができる。その後、また1時間半ほど乗って出発点に戻り、ツアーは終了。その頃には象との距離がぐっと近くなり、別れるのが辛くなるかも。でも、心配なかれ。象は自分の匂いを2年間は覚えていてくれるというから、また会いにいけばいいさ!(M)

【料金】

1人4200B(ランチ・送迎・写真つき)(英語・タイ語のガイド)
服装:汚れていい靴・服。滝で泳ぐなら着替え。日焼け止め、虫除け。カレン族のシャツは貸してくれる。
電話: 08-1992-2551 pat_theerapat@hotmail.com
www.pataraelephantfarm.com
109号掲載

チェンマイ気になるお店 タイトル一覧へ




 

気になるお店(旧) | Top