チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< Patara パタラ・エレファントファーム  | 最新 | Morning Coffee モーニングコーヒー(カフェ、タイ料理) >>

ラートナー・ムーマック(クウェティオ、タイ料理)

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2007.12.06 Thursday

 

110号お店1a
 ラートナーは、米で作られたクウェティオ麺やカリカリのミーグロープ麺に、餡かけスープをかけた代表的な屋台料理だ。餡かけにはカナーと呼ばれるカイラン菜が入り、比較的栄養バランスもよく、香辛料なども使用していないため、タイ料理独特の香りや辛い物が苦手な人にもお勧めの料理。パットシーユは、クウェティオ麺を醤油で炒めたもので、同じく日本人には抵抗なく受け入れられる味付けだ。
 店主のスポットさんはタイの南部プラチュアップキーリーカン県の出身。マヒドン通りに面したオームムアン市場に店を出して7年になる。スポットさんはご兄弟とサンパーコーイ地区を中心に、3つの屋台を営んでいる。店名で謳っているムーマック(タレに漬け込んだ豚肉)を使ったラートナー麺を出しているが、一番のお勧めはラートナー・サイカイ。直訳すると「餡かけ麺の卵入り」となるが、食べてびっくり!
110号お店1b
 クウェティオ麺の場合は、麺をたっぷりの卵でとじて焼いてあり、スプーンとフォークで餡かけの下の玉子焼きを割ると、中から熱々のクウェティオ麺がお目見え。カリカリの玉子焼きの食感とモチモチとしたクウェティオ麺が絶妙のハーモニー。ミーグロープ麺の場合は、玉子焼き、餡かけスープ、ミーグロープの豪華三層構造。この玉子焼き入りラートナーの考案者はスポットさんの弟さん。弟さんはサンパーコーイ地区のバムルンラート通りに店を構えて10年以上。かなり年季の入った屋台が目を引く。
これからの季節、熱々のラートナー麺をフーフー言いながらほお張る25Bの贅沢をぜひお試しあれ。(N)

【メニュー】
ラートナー・ムーマック・センヤイ(太麺クウェティオ)  20B
ラートナー・ムーマック・センミー(極細麺クウェティオ) 20B
ラートナー・ムーマック・ミーグロープ(揚げた卵麺)    20B
ラートナー・ムーマック・サイカイ(卵焼き入)      25B
パットシーユ・センヤイ(太麺)             20B
パットシーユ・センミー(極細麺)            20B 

☆ ピセート(大盛り)は5B増

地図:H−7       
電話:08-1530-1279
営業時間:14:00〜24:00(売切れ次第)

定休日:不定休
110号掲載

チェンマイ気になるお店 タイトル一覧へ



 

気になるお店(旧) | Top