チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< バス交通 | 最新 | どうしてこうなる? >>

見栄(みえ)

カテゴリー: ギャ!ギャップ!これって常識?非常識? | 2008.03.20 Thursday

 

Gap113
 ナイトバザールや歩行者天国に行くと、たった1メートル四方ぐらいのスペースにアッと足を止めるほど商品を上手にディスプレーしているのに出会います。タイ人は商品のディスプレーばかりでなく、自分自身をアピールする事が積極的で先天的にそのタレント(才能)を持ち合わせているようです。
 それと正反対なのが日本人で、昔そのような事をするのははしたないと言われていたためか、自分をアピールする事に非常に消極的で上手でない人が多いようです。そのために人も国もグローバルな舞台では大分損をしています。
 一方、タイ人はその気性が強過ぎて実質を伴わない「見栄っ張り」になって、いろいろなトラブルを引き起します。普段はバーゲンのドレスを199Bで買う主婦が女友達同士で外出すると、ご亭主がビックリするようなブランド品を買って来たり、子供達に有名ベーカリーのケーキをお土産にして大喜びさせたりします。まあこんな女同士の見えの張り合いなら苦笑いでも済ませられますが、誰かが家を新築したり車を買ったりする、では私も負けずにとなると事は重大になって来ます。
 この傾向を早くも憂慮された現国王が、「セルフ・サフィシエンシー」(身の丈に合った生活を)と事ある毎に諭されるのですが、陛下のお言葉には何でも直ちに従う国民もこの件だけはなかなか守れないのだから、彼等の見栄っ張りによる浪費癖は実に根強いものと思われます。
 この結果として統計によれば、タイ国民は平均消費10に対して収入は7くらい、1世帯平均十数万バーツの負債が常にあると言われています。この自転車操業の辻褄を合わせるために、タイの社会では各種の闇取引、不正行為、賄賂などなどが日常的です。また、微笑の国と言われながら殺人や傷害事件が多発する蔭には、タイ人の切れ易い性格の外に、「負け犬にされたくない」という強烈な見栄から凶行に至るケースも多いようです。だから日本人特有の理詰めや正義感から彼等の徹底的に追い詰めて面子を踏みにじるような言動は、非常に危険な事態を招く原因になるので留意する必要があります。
 では、見栄っ張りはタイ人のみかと言うとそうとも言えません。母国で何か精神的あるいは経済的なコンプレックスを背負ってしまい、それを癒しにチェンマイ辺りでロングステイを始めた日本人の中には、その反動で昔の友人知人たちの鼻をあかそうと豪奢な生活を見せびらかそうとする人がいます。まあ不必要なほどの邸宅を建てたり浪費的な暮らしをしてもそれで経済的に破綻しなければ、タイ政府が必死に求めているロングステイヤーからの貿易外収入にプラスするから良いでしょう。しかし中には自分のステイタスを充分に理解しているつもりだったのに、ウッカリ「日本人は偉い、お金持ち」の甘言に乗せられてその気になり、途中それに気付いても見栄が邪魔して開き直る勇気も無く、遂には性悪な人々の食い物にされる人も少なくありません。こうなると昔ビルマに侵攻した旧日本軍と同じく、骨と皮になって白骨街道を彷徨う事になるから痛ましい結末です。
 いずれにしても、見栄という虚構の世界は必ず崩壊する日が来て、そのつけは重大である事を忘れてはなりませんね。


(読者の皆さんからビックリ!ギャップ体験を募集します。私suga@loxinfo.co.thかChao編集部へどうぞ)

(113号掲載)

ギャ!ギャップ! これって常識?非常識? タイトル一覧

 

ギャ!ギャップ!これって常識?非常識? | Top