チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ティパネート・エンタープライズ (CD/VCD/DVD) | 最新 | ジェーラン(格安輸入商品) >>

マリー(タイ料理・クウェティオ)

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2008.05.24 Saturday

 

115-b1
 ここの店の売りのクウェティオは、普通によくあるそれではなくてクウェティオ・トムヤム。マナーオの汁が入ったトムヤムスープ味に近い、深いコクのある少し酸っぱいスープに入ったクウェティオ。この店ではクウェティオ・トムヤム・スコータイと呼ばれている。なぜスコータイなのか。それは、このクウェティオ屋を始めた女主人がスコータイ出身だからだ。
 創業20年余りの老舗クウェティオの一つと評判が高く、喫茶店のような瀟洒な店内の壁には、新聞や雑誌によるこの店の紹介記事が額に入れられていくつも飾られている。その額の一つを見てそれこそ愕然(?)。なんと、私が7年前にこの「マリー」を紹介した写真地図入り記事ではないか。
115-b2
 クウェティオ・トムヤムで有名な老舗は、もともと銀細工で有名なウアラーイ通りにあった。だが、1年ほどでその老舗は消えてなくなり、もう食えないのかと寂しく思ったものだ。ところが、店は消えたのではなくて移転しただけで、現在では、この店の他に3店(ノーンホーイ、カムティアン、サンサーイ)も構えるほどに繁盛して規模が拡大。ということで、7年ぶりに再び紹介することに。日本人にはあまり馴染みのメニューではないクウェティオ・トムヤムなので、まだ一度も賞味していない方も少なくないのでは? そのような方は是非ともこの店を訪れて、売り上げナンバーワンの美味しいクウェティオ・トムヤムを賞味してはいかがだだろうか。
 この店だけではないのだが、テーブルには小袋入りのケープムーが置かれている。これをクウェティオに具として加えて食べるのも、乙な味になるかと。(Y)


【メニュー】
クウェティオ・トムヤム     25B
クウェティオ・トムヤム・タレー 25B
クウェティオ・ヘーン・ヤム   25B
イエンターフォー        25B
クウェイチャップ・ナムサイ   25B
カオラーオ・ルアットムー    25B
パッタイ            25B
パッタイ・キィヤオクロープ   25B
カーオプラーオ(白飯)     5B
*ピセート(大盛り)は5〜10バーツ加算


地図:G−2
営業:9:00〜16:00
休み:一応なし
115号掲載


気になるお店 タイトル一覧へ

 

気になるお店(旧) | Top