チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< St.Germain des Pres(Bar/Brasserie) | 最新 | Arcobaleno アルコバレーノ (イタリア料理) >>

ロットヌン(タイ料理・クウェティオ)

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2008.05.24 Saturday

 

117-a1
 ダイヤモンド・ホテル前のクウェティオ屋「ロットヌン」は、地元チェンマイ人はもちろん、西洋人や日本人(なぜか男性が多い)にも人気の有名店だ。
 バミー・プラーを注文すると、湯気の立つ透き通った汁の上に、海の魚の練り物がどっさりと浮かんでいる。ギヤオ・プラーは皮が魚肉のすり身でできた餃子。中にはとろみのついた豚肉が詰まっている。センプラーはすり身が麺のように細長くなったもの。おなじみルークチンはつみれ。てんぷらのようなフーグワイは、しっかりと味がついていて美味。これら全てが、お店で毎日手作りされている。
 料理の温度にはこだわりがあるという。フーフーいいながら食べないと火傷しそうだが、やっぱりあつあつが一番美味しいのだ。それでいて麺の湯で具合は絶妙で、ちゃんと腰があって、嬉しい限りである。
117-a2
 ロットヌンは今年で31年目の老舗店。オーナーの父親は中華料理のコックだった。その父親が亡くなった今でも、父の味が大切に受け継がれている。
 材料の魚は南部から運ばれ、毎朝4時に届くので新鮮だ。どうしても豚や鶏より高価になってしまうが、それでもここのクウェティオじゃなきゃダメだよ、という昔からのファンが多いところをみれば、1杯40バーツの値段はお値打ちだということだろう。
 店前で売っている絞りたて100%のオレンジ・ジュースと、野菜たっぷりの中華春巻き(別店だが、持ち込み可能)も一緒に食べれば、栄養満点間違いなし! (S)






地図: G−5の先
営業:7:00〜22:00
休み:不定期
電話:0-5327-4880


117号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ

 

気になるお店(旧) | Top