チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< クム・ビヤン・ヨーン(タイ北部料理) | 最新 | ウアン・バミー・ギヤオ(タイ料理・バミー) >>

ジェーン・ムアン・ギャラリー(ギャラリー&コーヒー・ショップ)

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2008.05.24 Saturday

 

118-b1
 賑やかになる一方と思われるチェンマイの街の中心部でも、一歩路地を入ってみると不思議に落ち着いた空間が待ち受けていたりする。ワット・プラチャオメンラーイの向かい(ラーチャマンカー通りソイ6)にあるこのギャラリーも、そんな素敵な雰囲気にあふれたところだ。
ここの女性オーナー、サランヤーさんが額縁の店を開いたのが今から12年前のこと。その後、お客さんのアーティストの作品などを飾るギャラリーも併設、1年半前にこの場所に移ってきた。展示品、商品はどれもラーンナー・スタイル(より正確にはタイルー族の家にヒントを得たものらしい)の洒落た建物にふさわしいものばかり。南国の花を題材にした絵画、ラーンナー風アンティーク、家の装飾品(隣に建築事務所を開いている弟のアドゥンさんが蒐集したもの)、デザイン照明器具、木彫など、それぞれひと味違ったセンスが光っている。特注品の家具、室内インテリアなどのオーダーも受け付けている。
118-a2
2階の絵画ギャラリーは木材をふんだんに使ったぜいたくな造りで、有名画家だけでなく新人に対しても作品発表の機会を提供している。日本的感覚からすれば価格も手頃なので、気に入った作品があれば、購入して自分の部屋に飾ってみるのもいいだろう。
板張りの中庭的なスペースでは、寛ぎながらコーヒー(ホット40B、アイス50B)を飲むことができる。ラーンナー時代へと誘うようなゆったりした時に身を任せてみれば、このギャラリーを包む空間自体がひとつの優れた作品になっていることにふと気付くはずだ。  (B)  



地図 D−4
営業 8:00〜18:00
定休日:日曜
電話 0-5381-4322、08-9555-6126

118号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ

 

気になるお店(旧) | Top