チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< North Gate ノース・ゲート (ジャズ・ライブハウス) | 最新 | Bakerista ベーカリスタ(ケーキ&コーヒー) >>

カオソーイ・メーアムポン(タイ料理・カオソーイ)

カテゴリー: 気になるお店(旧) | 2008.05.24 Saturday

 

120-a1
 日本では「おふくろの味」を看板に掲げる料理店が少なくありません。ここのカオソーイ店の名前であるメーアムポンは「アムポンお母さん」との意味です。この店をやっている女主人のチラッシーさんのお母さんがアムポンさん。そのお母さんは、ランパーンのラチャパット大学付近でカオソーイ店をやっており、そのアムポンお母さんの味を引き継いで自分でカオソーイ店を開いているのです。文字通り自慢の「おふくろの味」のカオソーイを食べさせてくれます。
 「チェンマイに来てカオソーイを食べずに去ったら、チェンマイに来たことにはならない!」とまで言われるほどチェンマイ名物のカオソーイ。そのカオソーイでも中に入れる具も各種あります。もっともポピュラーなのがカオソーイ・カイと呼ばれる、よく煮込んだ骨付きの鶏足肉入りのカオソーイ。この店には入れる具として「シークローンムーカドゥクオーン」のカオソーイが。試しに注文すると、豚(ムー)のあばら骨(シークローン)の軟骨(カドゥクオーン)付き肉が具として入っている。見た目には骨付きぶった切り肉ですが、白い骨を歯でぐっと強めにかむと、コリコリした歯触り。なるほど軟骨で食べられるのだとわかる。まだ一度も味わったことのない方は、この店で賞味してください。
120-a2
 この店の場所ですが、メーリム方面にあるランナーゴルフ場の入り口から北へ約800mにガソリンスタンドJETの大きな黄色い看板があり、その道路反対側である西にあります。(Y)


【メニュー】
カオソーイ各種(カイ、ヌア、ルークチン、シークローンムーカドゥクオーン)30B
ムーサテー 20/30B
カーオカームー 20/30B
クウェティオトムヤム 20B
カノムワーン 10B


営業:08:00-22:00
休み:なし
電話:08-3871-1686

120号掲載

気になるお店 タイトル一覧へ


 

気になるお店(旧) | Top