チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< カンボジア絹絣の世界 アンコールの森によみがえる村 | 最新 | タイのベジタリアンとは?(156号) >>

シエントー(ラムット・インディア)

カテゴリー: 気になる食べ物 | 2009.10.10 Saturday

 

シエントー
チェンダーオからチャイプラカーンに行く途中にある
モン族のフエイルック村ロイヤル・プロジェク直売場で
変わった果物を見つけた。
黄色っぽい表皮はマンゴーを思わせるが、形状がちょいと違う。
売り子の女性に訊くと、シエントー(ラムット・インディア)という
タイでは「新顔」の果物だという。

シエントーの売り子さん
勧められてその場で一切れ食べてみると、なんとも不思議な味がする。
例えて言えば、カボチャと栗とサツマイモを足して3で割ったような感じ。
まったりとした独特の味と舌触りは果物的な清涼感には欠けるが、
慣れてしまえば癖になりそうな濃厚な美味しさがある。
これで「栗きんとん」ならぬ「シエントーきんとん」を作ったら、
けっこういけるかも??? 
ただし、果肉が硬いうちは渋いので、
アボガド同様によく熟してから食べること。(T)

 

気になる食べ物 | Top